奈良弁

奈良

あのお笑い怪獣と呼ばれている、日本を代表する芸人さんの出身地で有名な奈良県。大阪弁だと思われている方も多いかもしれませんが、あれは奈良弁・・というよりも、昔大阪でよく使われていた言葉をデフォルメして面白おかしく話している言葉です。大まかに関西弁という感じですね。
では、奈良弁とはどんな言葉でしょうか?

奈良県は地理的に大阪や京都から影響を受けており、それは方言の面でも例外ではありません。なので関西圏出身ではない人が聞いてもどれも同じように聞こえるかもしれません。
地面→”じべた”、買った→”こおた”、新しい→”さら”、捨てる→”ほかす”など、確かに大阪弁や他の関西圏の方言と変わらないものも多いですね!
奈良らしいところで言うと、古語が残っている表現もあり、例で言うと、美味しくない→”もむない”、帰る→”去ぬ”(いぬ)などがあります。
しかし奈良弁とは言っても、北と南で違いがありますし、ある一定の年齢層以下では、ほぼ奈良らしい奈良弁を使う人はいないと言われています。
個人的には奈良県民の”いらん”という言葉の使い方には戸惑いました。関西圏内の他府県では”~いらない”=必要がないという意味で使うことが多いですが、奈良では”嫌だ”=拒否という意味でも使うので、それを知るまでは微妙なニュアンスの違いに違和感しかありませんでした。意識していなくても、知らず知らずのうちに自分が話している言葉が実は方言だったなんてことも少なくなさそうですね!

ではお待ちかねの方言告白です!
奈良弁で告白すると、「あのですね、あなたのことが好きです」→「あのみい、あんたのこと好きやねん」という感じになります。
”あのみい”というのは”あのね”と同じ意味で、”ね”→”な”に変わるのが大阪弁ですが、奈良弁だと”みい”に変わります。女子が使うと可愛いらしいですね!言いたいですね!言われたいですね!