淡路弁

淡路島

兵庫県の淡路島で話されているのが“淡路弁”です。

大阪府や和歌山県、そして徳島県ではなされている方言との共通点が多く、小さな淡路島の中でもそれらの影響を受けたと思える特徴の差が地域により出ているようです。兵庫県に属すしているにもかかわらず、兵庫県で話されている播州弁などとの関連性が低いのは不思議ですね。

淡路弁の基本的なアクセントは関西弁の特色とも言える京阪式アクセントですが、単語によっては独特のイントネーションが使われていることもあるようです。

言い方をみても、“できない→らん、れらん”など、大阪弁に近いようで少し違和感を感じるものでもあります。

また特徴として、あまり敬語自体が使われないということ。基本的にタメ口で話すことが多いようです。とは言え敬語的な表現はあります。“~なさる→~なはる”は大阪弁と同じですが、“~してください→~してつか、してはいりょ”、“~してくださる→してつかはる”などは客観的には敬語ととれないようなニュアンスに感じられます。

どれもなんだか近いようで違う。微妙なニュアンスの違いですね。

でもなまっている、独特だなと感じられるものもあります。“うごく→いごく”や、“教える→おっせる”などや、はねすぎ?と思えるような“すわる→っさる”、“しお→っしょ”などでしょうか。

なんだか逆に言いにくそうなものもありますが、これを聞けば「方言だなー」と感じられるものでもあります。

そしてそして、方言女子の可愛らしさは淡路弁にもありました。

「とてもすきです」が淡路弁だと、「ほんますっきゃもん」となるそうです。淡路の女の子に告白されたらきゅんとしちゃいますね。

大阪だと“とても→めっちゃ”となるところなりがちですよね。確かに“とても→ホンマ”とも言わなくはないですが、“本当に→ホンマ”とされることが多いでしょうから、近いようでちょっと違う、そんな印象ですね。“好き+で→すっきゃ”と名詞と助詞がくっついてしまうあたりは淡路弁のとくちょうでもあります。また語尾が“ねん”ではなく、“もん”となるだけでなんだか可愛らしい印象を受けます。