播磨弁

播磨国総社

播磨弁は、兵庫県南西部の播磨地方で話されている方言です。
主に姫路に住んでいる方が使っているのだそうです。
なんと関西弁の中でも一番アクの強い方言と言われているのだとか…。
その特徴は、他の近畿方言と同じく木は”きい”、目は”めえ”というように長く伸ばすものが多い一方で、行こうかが”いこか”、早うなる”はよなる”のように短くなるパターンもあるそうです。
さらに、ザ行とダ行が混ざってしまうことがあり、ぜんぶが”でんぶ”、熱いぞが”あついど”と言ってしまうのだとか!
これは丹波弁でも同じような混同が見られるようです。
紙に書くのであればあきらかに間違えてる!と思いますが、話すだけならそんなに違和感はなさそうですよね。
そのアクの強い話し方から、播磨弁同士で会話していると喧嘩しているのかと間違えられることもあるそうです!
でも実家から離れて暮らしている人なら、久しぶりにクセの強い地元の言葉を聞いたらなんだか嬉しくなっちゃいそうですね。
その中でも特に独特だなと思った表現をいくつかご紹介します。
あまり使う機会はありませんが、あほという言葉。
これを播磨弁では”だぼ”というそうです。
どあほという言葉が省略されたんですかね?
それはともかく、普通にあほ!と言われるよりもだぼ!となんだかちょっとショックが大きい感じがします。
また、大丈夫という言葉。これを播磨弁では”べっちょない”というそうです。
これはなんだか可愛いですね。
残念ながら、知らない人が聞いたら何を言われたのか理解はできなさそうですね…。
しかし姫路ではべっちょない市という催しが開催されるほど身近な言葉になっています。
さて!そんな播磨弁で告白されてみるとどうなるでしょうか。
「めっちゃ好きやねん。ずーっと一緒におろうや。」
うーん、なんだか思っていたよりも普通の関西弁ですね。
告白は普通でも、日常会話はすごくなまりが強くて聞いていても興味のわく単語ばかりです。
姫路出身の方がいたら、ぜひ播磨弁をリクエストしてみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です