神戸弁

元町

“神戸弁”とは、その名の通り兵庫県神戸市周辺で話されていることばです。大阪弁の荒っぽさがなく、神戸の街のオシャレな雰囲気に合った上品というか、やわらかいような感じがあります。

大阪と神戸はなにかにつけて互いに対抗意識を持っていると言われますが、ことばについても対比的な印象を受けます。
例えば大阪弁では“いる、いてる”を多く使いますが、神戸弁ではその代わりとなる“おる”が使われ、差別化を図ろうとしているかのようです。また“ない→あらへん”(大阪弁での“あれへん”)や、“している→しとー”(大阪弁での“しとる”)、“~だ→~や”(大阪弁の“~やで)”など、それぞれ神戸弁の方がなんとなく?やわらかい音に感じられます。

その他、なまりや地域独特の感じが出ているものはあまりないかもしれません。そんな中で気になったのは、大阪などで“グー・パー”でチーム分けをする時に“うら・おもて”ということでしょうか。その時の動作も手の甲と手の平を見せてしているのをテレビで見たことがありますが、これももしかして大阪との差別化を図ろうとしてのものなのでしょうか。

語尾の言い回しがやわらかい、そんな神戸弁女子に告白してもらったらどうなるでしょう?
「あなたのことが好きです。」→「あんたが好きやねん。」
もしかして大阪弁と大差ないですか?残念…この場面ではうまく神戸弁の“~とー”などの可愛らしさを発揮することができませんでした。うまく“~とー”を使って告白できないものでしょうか…。