伊勢弁

伊勢神宮

“伊勢弁”はそう、お伊勢さんで知られる三重県で話されている言葉ですが、大阪とは距離があり、京ことばの影響を受けている滋賀県や奈良県と接していることもあるからなのか、京ことばに近いとも言われている。また関東地方や東海地方の影響を受けやすいその場所がら、アクセントは京阪式が中心とは言え、近畿の他の地域よりは東京式アクセントの影響が見られるようです。

たとえば“冷たい→ひやこい”、“暴れる→ほたえる”などは京ことばそのままですね。
他、東海の影響なのか、大阪弁の語尾の“で”を“に”というところや、「今日な、~」と“な”を多用する感じは、なんだか穏やかというか
可愛らしい印象を受け受けます。

また伊勢弁で勘違いを起こすものと言えば…代表格は“ささって”でしょうか。“あした・あさって・しあさって”が、“あした・あさって・ささって・しあさって”と言うそうです。「ん?」“ささって”は“しあさって”のことで、さらにその先もあるの?これは日にちの認識がずれてしまう可能性大なので、三重県民と予定を確認する際は気をつけた方がいいかもしれませんね。
その他“疲れている→えらい”は、「えらかったなぁ」と言われても大阪の人にしてみれば「何を褒められたんだ?」ということになりかねないでしょう。別の意味で使われている言葉を使われてしまうと、なんだかややこしいですね。

はんなりで大人気の京ことばの影響も受けている伊勢弁。その伊勢弁女子が告白すると…
「あなたのことがとても好きです。」→「あんたんことな、むっちゃ好きなんやん。」こんな感じでしょうか?
“あんた”と言っててもその後の“の→ん”や“な”が和らげてくれていますし、語尾の“なんやん”が可愛いと巷でも話題です。大阪弁にも近い要素はあるはずなのになんだか違う。なんでしょう、この“ん”の可愛らしさは。