大阪弁

大阪弁

多くの人が勘違いしてしまっているだろう“関西弁=大阪弁”や、“関西出身のお笑い芸人が話しているのが大阪弁である”という間違った認識を訂正するためにも、大阪弁について詳しく見ていきましょう。

“大阪弁”は広い意味では大阪府で話されている言葉ですが、実はこれも大阪府内で地域により分かれます。主に大阪市内で話される摂津弁が大阪弁の中心で(またそのようにも呼びます)、他に南西部で話される泉州弁と、東部で話される河内弁があります。この河内弁には相手のことを“われ”や“おのれ”などを使うことや口調がきついというイメージから、市内の大阪弁と大差がないにもかかわらず“河内弁は汚い”とうマイナスイメージを持たれてしまっています。この間違ったイメージも“関西弁はキツイ”という間違ったイメージにつながってしまっているかもしれません。

大阪弁として代表的なのは、“捨てる→ほる”、“片付ける→なおす”、“壊れる→つぶれる”、“いくら?(値段)→なんぼ”、“”仕方がない→しゃーない”などでしょうか。その他、なんだか必要以上にはねてしまうような“日曜日→にっちょーび”や、“洗濯機→せんたっき”などもとくちょうではあるかもしれません。また、関東地方の方に誤解されてしまいがちな“バカ”と“アホ”の使い分けですね。大阪弁では“アホ”は親しみを込めて、“バカ”はものすごく否定的に使いますが、関東では逆なんですよね。大阪弁で頻繁に使ってしまうことばなだけに要注意です。

そして大阪弁として知られていることばの中にも間違った認識のものがあります。
例えば“おおきに←ありがとう”や“まいど←(挨拶)”、“もうかりまっか、ぼちぼちでんな”なんて言葉は商人の街ですから昔はよく使われていたでしょうが、現在では大阪らしさを売りにしているような飲食店や商店街の方や、おじさん達ぐらいしか使いません。大阪弁を使う大多数が使わないことばです。
こんなおっちゃんぽい方言女子は可愛くないでしょう。大阪弁の方言女子がかわいいと注目されたフレーズと言えば
「とても好きです」→「めっちゃすっきゃねん」ではないでしょうか。「すきやねん」と言うことも多いかもしれませんが。
大阪弁女子は恥ずかしがらずにどんどん大阪弁を使っていきましょうね。