近江弁

琵琶湖

“近江弁”とは滋賀県で話されている方言で、“京ことば”の影響を強く受けています。京ことばそのままという印象もあるが、どこか大阪弁の荒っぽさや田舎っぽさが感じられる言葉でもあります。とは言え滋賀の東西南北の地域ごとにやはり若干の違いはあり、中でも美濃弁の影響を受けた湖北地方の言葉は独特だそうで、アクセントにおいても同じことが言えるようです。

近江弁の特徴でもある田舎っぽさを感じるのは、例えば、マ行とバ行が入れ替わってしまう場面、“つめたい→つべたい、ちべたい”などや、語尾の“~か(疑問)→~け”、のような部分に感じられるのかもしれません。
また、その他に音が入れ替わる言葉や、“ない”のように活用形する時に“なくて→のおーて”“ないなら→なけりゃ”など、変化があっても特定の言葉の時だけだったりして、近江弁の特徴を端的に表すようなものがなかなかありませんでした。
個人的に気になることばがいくつかあり、“手助けする→すける”、“ちょうだい→たい”などです。そんな風に短くしてしまったら、何のことだか分からなくなってしまっています。「そう縮めてしまったか…」と言いたくなりませんか?

あまり特徴を挙げられなかったのは残念ですが…最後にみなさんお待ちかね?の方言告白にいってみましょう。
近江弁女子に告白してもらうと…
「あなたのことが好きです」→「あんたのこと、好きやねん」
田舎っぽい言葉は告白のタイミングではなかなか出てこないかもしれませんね。京ことばの柔らかさが出ていてなんだかシンプルにいい感じです。