紀州弁

和歌山

“紀州弁”は主に和歌山県全域と三重県南部で話されている方言です。和歌山県全体で話されていることから“和歌山弁”とも言われています。とは言え広い地域ですから、細分化すると、その内部でもいくつかに分かれているようです。
それはアクセントにおいても言えるようで、和歌山県のほとんどの地域では京阪式アクセントですが、三重県および三重県側の和歌山県の一部では伝統的なアクセントが残っていたり、少し変わったアクセントや東京式のアクセントが用いられている地域もあるようです。このあたりが近畿地方の東側にあることからも関東からの影響を少なからず受けているということでしょうか。

発音の特徴としては、ザ行の発音がなく、ザ行・ダ行・ラ行が混ざってしまうようで、“ぜんぜん→でんでん”や“からだ→かだら”などがその通りです。すごくなまっている印象を受けます。でも“~している→しちゃある”のようななまりは可愛く聞こえますね。
“いる(存在)・いない→ある・ない”と表現したり、敬語表現が少なかったり、“おまえ→あなた”と親しみを込めて使う用法があり、他県出身者から誤解を受けてしまうことも多いそうです。そのほか、“~の方が→~しか”や“帰る→去んでくる”なども誤解されかねないですね。
他には“自転車→ジテコ”、“壊れる→もじける”など同じ近畿地方なのに「それ何?」となってしまうようなものもあります。
分からなくて「ん?」となってしまうぐらいならまだいいですが、誤解されてしまうのはなんだか悲しいものですね。

さぁ紀州弁女子に告白してもらうと…
「あなたのことがすきです」→「おまんのこと好きやんしょ」という感じでしょうか。
親しみを込めて“おまん”と使っているのですが、なんだか上から目線のような…。そして語尾の“やんしょ”は大阪べんの“やし”のように聞こえてなんだかその続きがあるのかと待ってしまいそうになるかもしません。表現のチョイスミスだったかも…。