人気の高い言葉

意外と他の地方の人からしてみると、方言には不思議と魅力が感じられます。
同じ地方出身かな?と思えるなまり方をする人と話せば、なんだか親近感が湧くでしょう。
それとは反対に、自分の地方とは違うなまりに田舎っぽさなどネガティブな印象を感じることも時にはありますが、そこが逆に新鮮だったり、可愛らしく感じたりすることもあるようです。
それぞれの地方のことば・方言を話す女子がかわいいとメディアやネットの中でも人気が出ていて、“方言女子”にきゅんきゅんする男子がが増えているのだとか。男子に限らず女子から見ても方言女子は可愛らしく思えますし、反対に“方言男子”にドキッとさせられることだってあります。

近畿地方の方言も、他の地方から実は人気があったりします。
少し前までは、「関西弁はキツイ」などとネガティブイメージの方が強かったはずですが、今では「関西弁を話す女子がかわいい」と言う意見が多く聞かれるようになってきたのです。近畿地方出身の私としてもこの好評かは嬉しいことです。

そんな人気が出てきた関西弁の中でも人気が高い方言は、京都弁(京ことば)と大阪弁のようです。関西弁の中でも他の方言との知名度の差が大きくあるので当然の結果のようにも感じられます。とは言え、はんなりとやわらかく可愛らしい印象の京ことばと、元気いっぱい明るい可愛らしさの大阪弁。雰囲気の異なる2つともが人気を得られていることは、他の関西弁を話す人にとっても嬉しいことなのではないでしょうか。